しまった!紫外線を浴びすぎてしまった時の3つの対処法

いくら気を付けていても、つい日光を浴びすぎてしまったということはよくあるものです。

紫外線はお肌の中に蓄積されて、シミやそばかすを誘引するものですから、できるだけ早く対処したいですよね。
では、具体的にはどのようなことを行えばよいのでしょうか。

できるだけ早く冷やす

気を付けていたのについ紫外線を浴びて日焼けしてしまったという場合、まずはその患部をできるだけ早く冷やすことをおすすめします。
日焼けも一種の火傷のようなものなので、とにかく冷やすことが大切です。
できれば、日焼け後に使用できるローションなどをたっぷりつけて、応急手当てを行いましょう。

美白によい食べものをとる

紫外線を浴びるとお肌の中にメラニン色素ができてしまいます。
これは、通常であれば1か月もすれば、自然と垢となって体外へ排出されるものです。
ところが、何らかの理由でお肌の新陳代謝が遅くなっていると、お肌の生まれ変わりサイクルがうまく運ばす、メラニン色素がお肌の中に残ってしまいます。
この色素沈着によりできるのがシミやそばかすです。

ですので、日焼けしてしまったという場合は、とにかくお肌のターンオーバーを正常にすることが大切です。
そのためには、美白に良いといわれる食品や、お肌のターンオーバーを促す栄養素を積極的に摂取するようにします。

よく眠る

お肌の生まれ変わりを促すためには、睡眠不足は禁物です。
というのも、お肌の修復や新しい肌細胞の生成は、夜眠っている間に行われるためです。

ですので、睡眠時間はしっかりと確保し、睡眠の質にも気を付けましょう。
長い時間眠ればいいというものではなく、熟睡することが大切です。
普段から睡眠の質が悪いという人は、寝室の環境改善などの対策も必要かもしれません。

紫外線を浴びたと思ったらすぐに対策を

つい紫外線を浴びすぎてしまった時の対処法についてお話ししました。
紫外線対策はまめにおこなっているつもりでも、うっかりということはよくあることです。

最近では飲む美白対策ができるサプリメントも販売されているので、これらを普段から使用しておくというのもおすすめですよ。”