ストレスは想像以上に肌トラブルを引き起こしてしまう

高級だったり話題のスキンケアコスメを使っているのに、いまいち効果を感じられない…。

そんなあなたはもしかして、ストレスの溜まる生活をしていませんか?

普段生活していると、仕事だけでなく職場や友人同士、ママ友、そして家庭での人間関係など、どうしてもストレスは多少なりとも感じてしまうものですよね。
実は、ストレスというのは想像以上に肌トラブルを引き起こしてしまうもの。

体を酸化させてしまう「活性酸素」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、この活性酸素、ストレスを感じることでも大量に発生してしまうのです。
もともと活性酸素は体に必要なものなのですが、量が増えすぎてしまうと体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

細胞を酸化させてしまうので肌を老化させてしまう、つまりシミができやすくしてしまったり、お肌の弾力がなくなってシワができやすくなったり…。また、皮膚がんの発生リスクも高まると言われています。

また、活性酸素はそれだけでなく動脈硬化や心臓などの循環器系の疾患など、様々な病気を引き起こします。病気の原因の9割は活性酸素によるもの、という説もあるほどです。
ストレスによる肌トラブルの原因としては、その他に自律神経やホルモンバランスを乱してしまうということがあります。

自律神経とホルモンバランスには密接な関係があり、どちらかが乱れるともう片方も乱れてしまいます。その結果、血流が悪くなってしまったり、お肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わるサイクル)が上手くいかなくなり、肌荒れを起こしてしまうのです。

ということで、スキンケアにお金や手間ひまをかけるより、実は上手にストレス解消するほうが美肌への近道とも言えますね。

ストレス解消法は人それぞれ。映画やDVDを見たりして思いっきり笑ったり泣いたりするのも良いし、良い香りの入浴剤を入れてゆっくりとバスタイムを楽しむのも良いですね。
上手にストレスをコントロールすることで、お肌の調子を安定させることができますよ。是非、上手にリラックスしたり気分転換できる趣味などを見つけてみて下さいね。